店舗開業後、人気店を目指すための6項目のチェックポイント

お店を開業した方誰もが気になるのが

どうしたら人気店になるのか。

どうしたら繁盛するのか。

どうしたら売上げが上がるのか。

お店造りには需要な項目がたくさんありますよね。

今回はおろそかになりがちなオープン後にやるべきことを考えてみました。

 

開店後の3カ月後をイメージする

今回は飲食店をイメージして考えてみます。

まず、意識しておきたいのが、毎月の利益が見えるようになってくるのは、オープンしてから3カ月後くらいです。

3カ月後にやるべき項目が最初から解っていれば、それらを達成する為にはどんなことに意識をすればいいのか。

また、どんな行動をすればいいのか。それらが全て見えてくるはずです。

その内容は

 

1.本当に「美味しい」と言われる食事を出しているか

飲食店にとっては当たり前であり、何よりも重要なポイント。自分の出す食事は最高の味だと思っていても、判断するのはお客様であるということ。

素直な意見や感想に耳を傾け、改善点があれば検討するべきである。

やり方としては

  • 直接感想を聞く
  • 一口目を食べた瞬間の表情をしっかりと見る
  • 食べ方、食べ残し等を確認する
  • アンケートを取る
  • お連れ様同士の会話に耳を傾けて反応を伺う

など、個人的な意見としてお客様の表情や会話からも十分美味しい料理なのかがわかってくると思います。

意識をするかが重要だとおもいます。

 

2.コンセプトが合っているか

コンセプトについては、私が口うるさく皆さんに言っている事ですが、お店の内装を造る前に必ず、このコンセプトを明確にして造ると。

最初のコンセプトワークが人気店をつくれるかのカギになってくると私は考えてます。

最初に決めたコンセプトが、その立地に適したものかどうかを再検討する必要があります。

実際に来てくれている客層はイメージ通りの人なのかな?

男性なのか、女性なのか、家族連れなのか、カップルなのか・・・。

その、客層に出す料理は見合ったモノなのだろうか。

建築空間、家具、雑貨、すべて再確認し、違ったとしても少しずつ修正していけば良いかとおもいます。

少しずつでも修正していくことがとても重要です。

 

3.人気メニューは売れているのか

最初に想定していた主力商品がしっかり人気メニューとなっているのか。

実際の売上を商品別にチェックし、人気商品が別のメニューだったら売り方を変更すべきです。

同時に、売上がのびないもの、全然売れない商品については、この先も売れる可能性が低いからメニューから削除するべきです。

売れない商品をいつまでも載せていても意味がありません。売れる商品をもっと売る為に何をすべきかに切り替えましょう。

4.食材、人材は今のままでベストなのか

食材は、もっと味を良くする素材を手に入れる方法や、新たな仕入れ先の開拓も常に意識をし、少しでもコスト削減を考えていくことも大切です。また、仕入れる食材の量や品質なども3カ月すると色んなことが見えてくると思いますので、一度見直すことも重要です。

人材は、そこで働いている者同士の関係が良好なのか。自分のお店のスタイルに合った人材なのか。飲食店もサービス業である以上、働く人の雰囲気ひとつでお店のイメージが大きく変わりますので、オーナーの理念の共有や、その教育方法も大切になってきます。

 

5.女性客は来店しているか

飲食店だけでなく、店舗のほとんどがこの女性がマーケットを動かしております。

どの人気店も、女性客が多いのが現状かと思われます。一人でも入れる雰囲気や、女性同士が好む空間を心がけてアレンジしていくと良いかと思います。

 

6.相談できる人はいるか

家族や友人、他の業種の経営者など、相談できる人が必要です。店の問題点など遠慮なく意見を言い合える人を集めて議論すると、普段見えてこないことが見え、今後どのようにしたらいいのか等、発見できると思います。お互いに刺激し合える相手だと尚いいと思います。

もし、いなければ積極的に経営関係の勉強会や交流会に参加してみると良い発見があり、面白いかもしれません。

 

人気店を創るということは、簡単にはできません。

少しずつお客さんをみながら改善していくことで、人気店になっていくと思います。

つまり本当に重要なのは、売りたい商品を買ってくださるお客様をしっかりと見ることですね。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*